Straßenbahn

#NITSpedia
Frankfurt P-Wagen

Frankfurt P-Wagen (Pt-Wagen / Ptb-Wagen) 基本情報 通称「フランクフルトの万事屋」としても知られるP型ファミリーは、地下鉄でも運用が可能な路面電車車両として開発された。可動式ステップを備え、高床ホームにも低床ホームにも対応できる。のちに作業用車両にも改造され、ありとあらゆることに対応した形式。

Read more
RealTrainMod
N077: Tatra KT8D5

N077: Tatra KT8D5 / Aus der berühmten Tatra-Familie wurde KT8D5 in verschiedenen Variationen erstellt. 頑丈な路面電車の製造で有名なタトラ車のうち、KT8D5型がRTMに登場。

Read more
#NITSpedia
Frankfurt N-Wagen

Frankfurt N-Wagen 基本情報 フランクフルト初となる8軸連接車両のN型は、M型とほぼ並行して導入された大型車。中間車を組み込むことで定員を増やし、一本の列車で運べる乗客数を一段と増やした。

Read more
#NITSpedia
Frankfurt T-Wagen

Frankfurt T-Wagen 基本情報 フランクフルト市電の最新型となるT型は、旧型車両の置き換えと輸送力増強の目的で2022年から導入された。USB充電プラグや液晶モニターなどの最新設備を搭載しており、たった数駅の乗車でもより快適に過ごせる車両となった。

Read more
#NITSpedia
Frankfurt R-Wagen

Frankfurt R-Wagen 基本情報 1993年に導入された当形式はフランクフルトだけではなく世界で最初の100%低床車両。世界初を名乗れる代償は大きく、登場から30年経った現在でもいくつかの問題点を抱えながら営業運転に就く。

Read more
#NITSpedia
Frankfurt S-Wagen

Frankfurt S-Wagen 基本情報 2003年に登場したS型は74編成という巨大な数でフランクフルトの市電を支える形式。初めて冷房装置を搭載したり座席数を増やしたりなど、市内の移動を今までより快適にするためあらゆる新要素を組み込んだ車両。

Read more
#NITSpedia
Frankfurt K-Wagen

Frankfurt K-Wagen 基本情報 Ebbelwei-Expressとしても親しまれているK型は、フランクフルト市電の歴史上最後の2軸車両でもあり、戦後の市電再建に最も役立った形式。被災車両から組み上げられた車両もいる中、一部は完全新造されたものもある。

Read more
#NITSpedia
Frankfurt At-Wagen

Frankfurt At-Wagen 基本情報 フランクフルト市電の保線や作業のために動く車両がいる。普段のターコイズとは違い、ひときわ目立つオレンジ色のボディをまとう車両が毎日の運行を支える事業用車両。旧型車両を改造して作られた車両や新造車両も全てAt型としてまとめられる。

Read more
#NITSpedia
Frankfurt O-Wagen

Frankfurt O-Wagen 基本情報 たったの8編成しか導入されなかったO型は、フランクフルト初の両運転台路面電車車両として製造された。方向転換ができない終点を持つ路線を中心に活躍したため、少数派でありながら重要な役割を担った車両でもある。

Read more
#NITSpedia
Frankfurt M-Wagen

Frankfurt M-Wagen (Mt-Wagen) 基本情報 輸送力増強のために導入されたM型は、フランクフルト市電史上初の連接車両となる、後に登場する連接型車両の基礎ともなる形式。改造によっては郊外路線でも活躍したほか、地下鉄としても走行した経歴がある。

Read more