#NITSnews

#NITSnews
#NITSnews: Alstomがディーゼル車両の製造を終了New!!

23年に渡って製造され続けたLINTの製造が終了し、2023年末に最後の車両が甲種輸送された。これにて一つの大きな時代が終わる。

Read more
#NITSnews
#NITSnews: 水素は私たちの新たな未来なのかNew!!

ドイツのゲルリッツ市に水素路面電車が導入されるとの発表があった。本線では度々問題が起きている水素車両は本当に私たちの未来の車両なのだろうか。

Read more
#NITSnews
#NITSnews: ドイツ国内のS-Bahnの定時性を比較してみる

大都市では通勤や通学の足となり、重要な役割を担うS-Bahn。地域によっては様々な違いがあるシステム、遅延にどれほどの影響を及ぼすのか。

Read more
#NITSnews
#NITSnews: フランクフルト中央駅付近、週明けに混乱の見込み

指令室の人員不足によって、過去にも数度にわたって一部方面の線路が封鎖された中央駅周り。週明けにはどうやら3方向に影響が出る様子。

Read more
#NITSnews
#NITSnews: Hanau - Fulda 間で大規模工事、大幅な所要時間増加

すでに幾度かに渡って部分封鎖が行われてきたが、今年は3か月にわたって全面封鎖が計画されている。

Read more
#NITSnews
#NITSnews: Darmstadt市電車両に大きな変化か

DarmstadtのST7、ST11、ST12とがすべて一斉廃車されるとのこと。

Read more
#NITSnews
#NITSnews: Skoda製車両のトラブル継続か

シュコダ製の客車列車がトラブルを起こしているのはすでに幾度と報じているが、DBは旧IC客車を塗り替えた代走車両を準備したことが確定した。

Read more
#NITSnews
#NITSnews: BR101、廃車が一気に進む

InterCityの運用が激減した2023年12月のダイヤ改正。客車の多くが引退するとともに、BR101型機関車もかなり運用から外れた。2月中旬には8両が一斉に廃車回送、6両が疎開留置に。

Read more
#NITSnews
#NITSnews: Mireo Smart 貸出専門企業が登場

シーメンスによる車両貸出及びリース会社が設立。自社で製造したBR464ことMireo Smartの貸し出しによって、昨今増え続けている車両不足問題の解消に取り掛かる。

Read more
#NITSnews
#NITSnews: アルストムの新型車両、また納入延期か

Leipzig - Chemnitz 間を走行するRE6路線、2024年中に導入される予定だったAlstomの新型蓄電車両が遅れることが確定。現在もすでに空調が設置されていない旧型客車を使用しての運行。

Read more