ドイツ

#NITSpedia
Frankfurt U4-Wagen

Frankfurt U4-Wagen 基本情報 新しいフランクフルト地下鉄のスタンダードとなるべきだったU3型の大量発注が見送られ続けた中、1990年代初頭の急激な利用者増加に伴い、追加の車両を導入せざるを得なくなった。その際に導入されたのがU4型となる。現在では南北方面に走行するU1・U2・U3・U8・U9号線で走行している。

Read more
#NITSpedia
Frankfurt U5-Wagen

Frankfurt U5-Wagen 基本情報 フランクフルトを走る車両の中で最も数の多いU5型は、2008年から地下鉄の各路線を走る最新の車両形式。既存車両と同じく2両1編成構造で両運転台の車両もあるほか、片方は貫通路になり50mにわたって通り抜けることのできるものもあり、間に中間車を増結することで75mや100mまで延長することもできる。

Read more
#NITSpedia
BR554 (iLINT)

BR554 (iLINT) 基本情報 通称「iLINT」と呼ばれるBR554は、Alstom製の初の水素車両となる。既存のLINTプラットホームをベースに、エネルギー源を変えたものとなる。現在製造された水素車両では世界で最も数の多いファミリーとなる。量産先行車でもあるプロトタイプの2編成はBR654ではあるが、こちらにて紹介する。

Read more
#NITSpedia
BR609.0 (LHB VT 2E)

BR609.0 (LHB VT 2E) 基本情報 通称「VT 2E」と呼ばれるユニット気動車は、1976年から1993年にかけてLinke-Hofmann-Busch (LHB/現Alstom)で67編成製造された。当形式のライセンス車として、オーストリーのSimmering-Graz-Pauker(SGP)製のVT70が挙げられる。2020年代前半まで走行しているが、予備パーツ不足や車両構造による故障で徐々に置き換えが進んでいる。主にローカル線や末端区間での運用を中心に製造されたため、初期に製造された車両の最高速度は低めに設定されている。同時期に別の会社から製造された同様の車両としてはBR627/628やNE81などが挙げられる。特にBR628は性能が良く、挙げた3形式の中で最も優れていたため、NE81並びにVT2Eの製造数は比較的少数にとどまった。

Read more
#NITSpedia
Frankfurt U1-Wagen

Frankfurt U1-Wagen 基本情報 U1型は、フランクフルト地下鉄の原点でもあり、歴史を語るには欠かせない形式。2編成しか製造されなかったため、幻の地下鉄車両でもある。Düwagが既存の路面電車車両製造で培った経験を活かして製造したため、地下鉄車両というよりは大きな路面電車に近い部分が多い。

Read more