#NITStour: Heidelberg

ハイデルベルグ

ハイデルベルグ城の庭園から望む旧市街とネッカー川。 Photo by: NITS-Center

古城と学生の街、ハイデルベルグ。Rhein-Neckar(ライン・ネッカー)地区の3大都市のひとつでもあり、旧市街はアニメのモチーフになることも多いらしいですね。メインスポットは東西に細長く伸びているほか、古城を周るにあたっては高低差も激しいですが、交通機関を使うことで楽に観光できます。

中央駅と旧市街は少しばかり離れているうえ、旧市街内は歩行者専用の通りも多いため、大部分は徒歩での観光となります。その分、中央駅と中心に当たるBismarckplatz(ビスマークプラッツ)までは交通の便が良く、市電とバスの複数路線が高頻度で走行しております。

ハイデルベルグの東側は、ネッカー川と山脈にはさまれているので、景色が幻想的です。中でも少し先まで行ったNeckargemünd(ネッカーゲミュンド)といった町は鉄道好きの中でも話題となっている撮影スポットで、眺めを楽しむために立ち寄ってみる価値はあります。

旧市街にはいろいろなお店が立ち並び、この地域のビールやワインも楽しめます。この街で今でも製造を続けている万年筆メーカーKawecoのショップもあり、お土産や記念にもおすすめです。

おすすめ見どころ紹介

Photo by: NITS-Center

9-Euro-Ticketには含まれない乗り物に、Bergbahn(ベアグバーン・ケーブルカー)があります。追加料金とはなってしまいますが、その分(天気の良い日に)山の上から見える景色は最高です。なお、最高地点となるKönigstuhl(ケーニグシュトゥール)停留所はバス路線39号線でもご利用いただけます(39A号線にお乗り間違えのないようにお気を付けください)。
天気が優れていない日には、中央駅前から出ている20号線及び32号線で旧市街探索が可能です。

市内の交通手段

市内はS-Bahn市電とバスが高頻度で運行されております。上記の通り、中央駅前から旧市街へのアクセスは高頻度で運転されており、なかでも上記路線は乗ったまま観光ができる便利な路線などもあります。

交通アクセス

各地よりEC、ICやICEのほかにも、RBやREが走っております。主な路線の時刻表は以下のとおりです(すべての路線ではありません)。路線番号にクリックすると各運行会社のダイヤページに飛びます。
RE10a: Mannheim - Heidelberg - Neckargemünd - Eberbach - Heilbronn
RE10b: Mannheim - Heidelberg - Neckargemünd - Heilbronn
RE17b: Heidelberg - Wiesloch-Walldorf - Bruchsal - Mühlacker
RB68: Heidelberg - Neu-Edingen - Weinheim - Darmstadt - Frankfurt (Main)
RE73: Heidelberg - Wiesloch-Walldorf - Bruchsal - Karlsruhe