Sina-Server

欧州×日本をコンセプトとする椎名サーバー。複数のリージョン(地区)を分散して造ることによって、会社や路線の集結による負荷軽減を目指すとともに、都市と自然が混合する沿線風景及び開発を目標とする。2019年10月3日に開設。コアとなる部分を整備し終え、公開に向けて準備中。

Videos about the Server

Trains in Nied-Sina

Mehr zu unseren Fahrzeugen auf dem Server
Read more about the trains on the Server
サーバー上の車両について

Neu-Sina・新椎名

Made by: NITS-Center

Nied-Sina地区の鉄道網開発が長い間行われていなかったのを、前の会社から受け継いだVGNが行うこととなった。次々と新車を導入し、既存路線ではダイヤを改正し、新規路線を開発することによって、周りの地区との接続を強める方針。
高速路線の開発にも参加することによって、VGNが運行を務めているNeugbaur地区や関南地区などへの接続も新たに作られた。
滞っていた貨物輸送にも力を入れるべく、旅客車両だけでなく貨物用の機関車なども増備を進める。将来的には貨物専用の高速路線も作られるとか。それによっては、都市計画が変わったことによって朽ち果てた工業地帯が活性するかもしれないとの噂。今後の中心部にも目が離せない。

Nachdem lange Zeit die Schienenstrecken nicht instandgesetzt wurden, widmete sich VGN der Problematik und nutzte so die Gelegenheit, den Auftrag im Nied-Sina Gebiet zu gewinnen. Unter anderem wurden so die S-Bahnen entwickelt, alte Gleise renoviert, neue Strecken gebaut und neue Fernzugstrecken konzipiert. So wurden erstmalig direkte Fernverbindungen in Richtung Neugbaur sowie Seta eingerichtet.
Um den Güterverkehr aufrecht zu erhalten und zu fördern, wurden neue Güterlokomotiven angeschafft. In Zukunft soll es auch eine Güterzugschnellfahrstrecke geben. Durch diese Maßnahmen sollen unter anderem die Industriegebiete wie Motorenfabrik wieder lebendiger gestaltet werden.

Fahrzeuge unterschiedlicher Unternehmen vor dem Hauptbahnhof Neu-Sina
新椎名中央駅前の車両群
Neu-Sina Ostbahnhof
新椎名東駅

Helbersrike

Made by: NITS-Norway

HelbersbanenのDrenbu以北について
元々HelbersbanenはDrenbuまでの路線で、Drenbuの鉄工所への貨物輸送などを目的として1912年に開通した。ただ、ここから北のDrenbu‐Puttgardenについては、貨物需要なども比較的少ないとされ、さらに地形もあまりよくないため、当初は建設するかも怪しかったが、結局1949年にようやく全通した。ここまで時間がかかった理由としては、会社がやる気がなかったこと以外に、Drømtorp-Drenbu間にてまあまあ長めの橋梁がかなり多かったことがある。本数は元からかなり少なかったが、まともな代替道路がないため、鉄道の利用率はよくも悪くもない。ただ、利用率がよくても元の需要が低いため、開通からかなり経った今でも本数はかなり少ない。これと重量貨物が通らないことから(これはDrømtorp駅の近くの橋がボロすぎてあまり重い貨物を通すと危険だからである)未だに電化する必要がないと判断され、設備投資などもかなり控え目になっている。

Koteng駅の周辺について
Myra牧場のすぐよこにKoteng駅はある。駅名の元になったKotengの集落は1.5km程離れているので、そこからの利用客はほぼいなかった。もともとは駅を作る予定はなかったが、牧場の主が駅をくれるなら多少投資すると言い、鉄道側としても交換設備が必要だったため、ここに駅が作られた。1949年の全通と同時に完成したが、そのあとはずっと人が乗らない日々が続き、結局列車の本数も少なく、交換設備の必要がないと判断され、1965年に交換設備の供用が終わり、駅は停車場へと格下げされた。このあとは全列車が待避線側を通過し(ポイントと通過線側の線路は撤去された)、一日に貨客混成列車が一往復停まるのみとなった。1982年に貨客混成列車のDrenbu以北での運行が終了し、それに伴い駅も廃止された。そして、2006年に列車の高速化のため、線路がもともと通過線があったところへ移動され、同時に駅の横にある踏切も第四種化され、駅は現在の姿になった。

Ursprünglich verlief Helbersbanen ab 1912 nur bis Drenbu. Die Unsicherheit, ob die Strecke bis Puttgarden verlängert wird, wurde 1949 durch den Bau der Strecke beseitigt. Bereits von Beginn an wurde die Linie nur von Wenigen genutzt. Eine Alternative zu der Schienenstrecke gab es nicht, weswegen die Linie trotz der geringen Fahrten weiterhin noch befahren wird.

Der hier zu sehender Haltepunkt Koteng ist 1,5km vom gleichnamigem Dorf entfernt, sodass nur wenige den Bahnhof nutzten. 1949 eröffnet, im Jahre 1965 zum Haltepunkt heruntergestuft. Nachdem der Güterverkehr 1982 endete, wurde auch der Bahnhof stillgelegt. Für die Ausbesserung der Strecke wurden die Gleise 2006 neu verlegt und besitzt seitdem die jetzige Form.

Güterzug der Helbersbanen und Bereitstellung des Dieselzugs am Ostbahnhof
新椎名東駅にて入換中のHelbersbanenの列車と貨物列車
Fahrzeuge der Helbersbanen am Haltepunkt Koteng
コテング停車場にてHelbersbanenの車両
Dieselzug am Haltepunkt Drømtorp
Drømtorp停留所を出発する列車

Praha

Made by: NITS-WolfDT

Coming soon

Sorazesaki・蒼清崎

Made by: K-TREC

その昔、蒼清の土地は大きな入江であり、入江を周回するように街が点在した。入江どうしの間隔が広く、深さは4m程度と浅かったが、当時の船舶航行の技術では「街の相互の移動手段」としては成立し得なかった。やがて、この入り江が「海外との貿易拠点」として注目されるようになると、入江の中心に埋立地を造成し、ベイサイドシティを構築する計画が上がった。 しかしながら、埋立地にするということは、既存の自然を壊すということでもあり、当時は様々な議論が繰り返された。今の海の自然をどう守るのか、今後発展していく上で残された自然は異常なく存在し得るのか。解決策として持ち出された案は「既存の自然を引っ越させる(移転させる)」手法であった。必ずしも良好な解決策とは言い難いが、そこで生活する生物の命を守る観点では、そうせざるを得なかったのである。 地盤ごと引っ越すのは非常に難しいので、ある程度の生物(サンゴや海藻、浅い海底の自然の一部)をベースとして、蒼清地区の東側にあたる海との結節点へ活魚車によって運ばれることとなった。このため、入り江から海岸まで生物を移動させる手段が必要となった。網を用いて海水の中を船で牽引して移動する手法も考えられたが、入り江が浅くて網を引きずると生物にダメージが入りやすいことと、今後の海運交通のアクセス用として、また入り江が浅いことから埋め立て後の交通手段のベースとして、さらには埋立地で計画されている工法のロールモデルとして、鉄道として建設されることとなった。「工事区間に壁を立て、水を抜き、生き物を出し、海辺へ運ぶ」という工法を取る関係で、工事は入江の岸辺から始まり、途中は当時の防水技術が未発達であったために工事が難航したが、浅い岸辺が功を奏し、工事は予定通り進行。仮の路線が工事開始からおよそ1年で竣工した。この路線には仮名称で「魚生(うおき)線」と名づけられ、海外の拠点でもあるため、英名は「Marine Bridge(海の(自然の)架け橋」と名づけられた。当時はまだ単線非電化であった。路線規格は1435mm(標準軌)が用いられ、簡易ではあるが両端に貨物駅が開業した。 魚生線は入江の中心に向かって、東西を直線で結ぶように建設された。これは「今後の将来において埋立地を建設する際、魚生線が基準となって、生き物の搬出と埋め立て土砂の搬入を行う」ことを目的として建設されたからである。その計画通りに、魚生線は初期区間の開通から3年後、入り江の東西を結ぶように開通する。この時に当初非電化だった全線を、20000V 50Hz饋電(きでん)で電化し、さらに貨物需要の拡大に合わせて複線化された。この時に小規模ながら旅客営業を開始し、新型電気機関車と貨車を改造した客車で入り江の東側から東の海岸までおよそ2kmでの運転を始めた。埋立地は依然として工事中のため、東蒼清から西へは旅客営業が行われていなかった。この時に今まで旅客鉄道ではなく構造物として存在していた鉄道が、初めて「事業者」として生まれ変わることとなる。この時に名を「蒼清開発鉄道」に改めた。同時に入江の東側を「東蒼清駅」、2kmほど東の終着駅を「蒼清浜駅」として開業させている。 時は過ぎ、埋立地に建造物が生まれ始めた頃、入江の東側でストップしていた旅客営業が、入江の西側まで旅客営業を開始する。この時に初めて入江の中心にある人工島に「蒼清崎」駅が設けられる。それ以降、この蒼清地区は「蒼清崎」という名前で知られていくこととなる。また入り江の西側に「西蒼清駅」を開業させている。旅客営業と貨物営業が逼迫してきたため、旅客営業と貨物営業用に路線を複々線化、貨物線は長編成で低速、旅客線は短編成で高速の運転を開始する。蒼清崎駅などでは路線の配線改良が行われ、一部路線が他の人工島へ資材搬入を目的として延伸する。さらに10年ほど時が過ぎ、人工島にはっきりと建造物が建ち、人の営みが生まれ始めた頃、およそ20kmほど北の都市「八地頭」と蒼清の間で高速線を建設し、この地方の中心都市「椎名」に乗り入れる構想が生まれる。八地頭を拠点とするGER(Great Eastern Railway)との協議の末、八地頭から東側で分岐し、最高速度170kmの規格で路線を建設することが決定する。同時に蒼清地区の南部への路線延伸構想が生まれる。 それから半年後、椎名地区や様々な都市を結ぶ大環状線の建設が計画され、複々線で建設されている蒼清開発鉄道を利用することとなった。これにより現在の貨物線を環状線に転用するため、蒼清崎から東の貨物線を廃止する計画であった。未だ埋立地建設のために利用されていた貨物線を廃止することはできないとし、貨物線のルート変更で対応できないかなど、様々な議論を呼んだが、結果として貨物線は現在の旅客線と統合、外線を旅客貨物線へ、中線を環状線へ利用することが決定した。東蒼清〜蒼清浜間については、貨物列車の待避線として複々線での営業を継続し、西蒼清〜東蒼清間の貨物線を廃止。これらを環状線に転用することとなった。この頃より発展の進んできていた人工島の都市やその周辺の住宅地を結ぶために、高速線を計画上の終点である蒼清崎駅から、南方向へおよそ10kmほど延伸することが決定する。これらの延伸区間の末端に車両基地を設け、高速線の将来的な拠点として機能させるため、高速線の開通を待たずして、延伸区間がおよそ3年ほどで開通する。 およそ5年後、八地頭と蒼清を結ぶ高速線が開通し、これらを蒼清開発鉄道が管理することとなった。この時に会社名を改め、「SHTS(蒼清高速交通システム)」として改組、発足している。同時に西蒼清〜蒼清浜間の管理も、SHTSに移管されることとなった。また、蒼清崎周辺の貨物線が廃止されたことにより使われなくなっていた「埠頭線」、もとい埋立地の各地に広がっていた貨物線を、LRTに転用する計画が立ち上がる。高速線の開業への足取りは順調に進み、およそ1年間、GERとの協議や車両の試運転等を行い、SHTS高速線として八地頭〜蒼清龍川のおよそ30kmの営業運転を開始した。 高速線が開業した頃の埋立地の各地では、10年ほど前から建設が進んでいた高層建築物が次々に竣工し、より経済が活発になると同時に、埋立地どうしを結ぶ移動手段の需要が上がっていた。BRT、LRT、地下鉄、様々な計画が持ち出されたが、元よりSHTSが推進していたLRT計画を採用し、貨物線であった各埠頭の路線を旅客線として転用することとなる。これらは貨物線のルートに従い、蒼清崎を中心として各埋立地を直通運転することとなった。

Vogtland

Made by: NITS-Berlin

その昔、政府が決めた移動制限に反対した国民によって、東の壁が初めて開かれた。それ以来、鎖国を行っていたVogtland地区には新たな風が吹き始めた。次第に隣接リージョンへのインフラの整備が行われ、Vogtlandの市場も安定してきたが、Vogtlandリージョン内のインフラは未だに古く、列車の高速化ができないなど、近年も問題視され続けている。なお、最初に整備された路線として、Nied-Sina地区への線路があげられる。これにより、貨物列車の走行も可能となり、旅客列車、貨物列車共に両リージョンを行き来するようになった。本線系統とは別に、Erknerの市内を走行する路面電車線が2路線ある。両線とも、Vogtland地区の西に位置する町と当リージョン中心となるErknerまで結ぶ。

Das Vogtland war bis vor nicht allzu langer Zeit teil eines stark abgeschotteten Staatenverbundes, Verbindungen in den Osten gab es keine. Nach Jahren des Aufstandes gegen die korrupte Regierung wurden die Regelungen des "freien" Reisens gelockert, zunächst nur innerhalb des Landes. Durch Misswirtschaft und linke Geschäfte sind öffentliche Strukturen stark verfallen, die Infrastruktur ist an vielen Stellen verkommen. Nachdem die ersten Lockerungen der Gesetze keine Besserung der Stimmung im Land brachte, wurde in letzter Konsequenz die Grenzen geöffnet und damit eine neue Zeit angebrochen. Die ersten Auswirkungen der Grenzöffnung waren nicht etwa Volksflucht, sondern der Ausbau der vorhandenen Mitteln. Als erstes wurden die Straßen und vor allem Schienenanbindungen nach Neu-Sina und ins Erzgebirge geschaffen, daraus folgte ein Wirtschaftsaufschwung. Trotz all der Maßnahmen ist die Infrastruktur im Vogtland noch immer in einem desolaten Zustand, auf den meisten Bahnstrecken sind Geschwindigkeiten jenseits von 80km/h noch ein entfernter Traum und auch der ÖPNV wird noch immer mit Alt-Fahrzeugen betrieben, dennoch zuverlässig und robust. Erkner als Hauptstadt hat sich immer schon gut gehalten und floriert durch den derzeitigen Aufschwung, auch kleinere Orte wie Köpenick erleben einen Zuwachs von neuen Firmen, auch wenn das ehemalige Umschlagzentrum im Ortskern schon vor Jahren stillgelegt wurde.
Der Betreiber der Strecken im Vogtland ist die VNV GmbH, ehemals der VVB. Betrieben werden eine S-Bahn die Erkner mit den verstreuten Vororten verbindet und zwei Straßenbahn Linien die die östlichen Vororte anbindet. Durch die Grenzöffnung entstand eine neue Linie die Erkner mit Neu-Sina verbindet, durch die zentrale Lage des Kopfbahnhofes ist eine durchgehende Linienführung ins Erzgebirge nicht möglich, alle Züge die das Erzgebirge als Ziel haben müssen im Bahnhof die Fahrtrichtung wechseln.

Elektrotriebwagen am Haltepunkt Köpenick
Köpenick駅に停車中の車両
Straßenbahn in der Innenstadt Erkner
Erkner市内の路面電車

Yachigashira・八地頭

Made by: NITS-Tram (Azul Brave)

鉄道について
1970年代前半に新椎名地区から八地頭地区までを結ぶ高速線の計画が国鉄時代に立てられ、1991年夏ごろに全線開通した。その後、政府は財政難等の諸問題から鉄道の民営化を推し進め、新椎名~八地頭線も民営化の波に飲み込まれていく…
Takstom車両(現AzulBraveTrains)の代表取締役だったPrism Fagan氏と友人により立ち上げられた東鉄道株式会社が2005年に新椎名~八地頭線の運行権を獲得し、ブランド名GreatEasternRailwayとして運営を始めた。国鉄時代の古く遅い列車とは一線を画す紺色とシルバーの車体はモダンで新しい時代を予感させるものだった。

地域について
商業地区として開発が進められていた八地頭地区とメインの新椎名地区を結ぶ鉄道線が開通したことで沿線は大きく発展していった。元吉地区や三十六軒地区はもともと田園の広がる緑豊かな地方であったが、鉄道が開通した事により住宅街へと大きく進化していった。一方商業地区としての利用が見込まれていた八地頭地区はあまり大きな発展はせず、比較的大規模であるものの商業地区と住宅地区が混在する街となった。しかし、最近ではGERの親会社EasternCrownホールディングスの支援により谷地頭市交通局が設立され、放置されていた路面電車の線路などが再整備され、LRVを導入する等、再び八地頭地区再開発へ注目が集まっていく...

Die ersten Planungen für eine Schnellverbindung zwischen Neu-Sina und Yachigashira wurden in den 70er Jahren aufgestellt und wurde 1991 umgesetzt. Durch politische EInflüsse wurde auch diese Linie privatisiert, wie viele andere Strecken auch. Great Eastern Railway gewann die Ausschreibung und übernahm somit die Strecke ab 2005. In Vergleich zu den alten Fahrzeugen führte sie moderne Neufahrzeuge mit dunkelblauem Corporate Design ein, um das Neue hervorzuheben. Die Entwicklung entlang der Strecke schritt mit der Neuvergabe voran. Das Mutterkonzern der GER, Eastern Crown Holdings, erweitert nun das Schienenkonzept durch eine Straßenbahnlinie durch die Regionshauptstadt Yachigashira.

Fahrzeuge der GreatEasternRailway
GERの車両
Züge der GER am Neu-Sina Ostbahnhof
新椎名東駅に入線するGERの列車
Zug des AzulBraveCargo
AzulBraveCargoの車両