関南(瀬田)地区

Rika地区よりS31号線を延伸し、初めて国際路線を作ることができたVGN。S31号線は瀬田地区では通称「椎名線」と呼ばれており、新椎名駅からRika方面などに向かう。現在では、谷海空港から東に向かっていく路線を建設中である。

瀬田地区内の路面電車の役割を果たすエストラムは、五百部、瀬田中央や新椎名などの重要な駅などを結ぶ。新椎名の工事に伴い、2019年3月16日に北椎名から図書館前の区間が地下化された。

なお、新椎名付近にはNITS工場もあり、NITS製造の車両の8割ほどがここで製造されている。

関南地区の路線について

椎名本線(椎名線とも)は新椎名を拠点に、ノイグバウア方面などに向かう路線のことを指す。もとは瀬田中央まで伸びていたが、エストラムが同じ経路を通っていることと、ノイグバウアからくる列車が谷海空港の東に建設された新しいバイパス線によって別経路を走行することになったため、2019年1月をもって廃止された。全線1435mmで、架線方式である。

エストラムは瀬田地区で運行されている路面電車であり、急カーブなども走行するため、車体長は10mとやや短めである。1067mmで架空電気方式である。2019年4月より、瀬田電鉄線を経由して倉急電鉄烏倉線に直通する路面急行が存在する。

S-Tram Cab View

路面急行とは

エストラムの路面急行は、VGNエストラムの谷海町を出発し、新椎名では地上の連絡線を経由し、瀬田電鉄線に直通する片乗り入れの急行列車。若部に停車したのち、倉急電鉄線の烏倉まで、急行として乗り入れる。

2019年4月までは臨時だった列車は、現在となっては直通用車両もそろったことによって、通常は1日4往復で運転されている。機器類の関係上、直通できる車両は定期化した際にS02-Neo型限定となった(臨時便のみの4月までの運用は通常のS02型で行っていた)。

運行している車両

過去の車両