RIKA地区

GöteborgとNeugbaurを中心に、16の地下鉄路線、5の路面電車路線、3の高速線を管理する。Rika地区のみで管理する駅の数はおおよそ250にも上る。地下鉄路線には独自開発のコマンド信号制御やポイント制御があり、一部路線のシステム簡略化につながっている。

運行している車両・S31、32、33号線

ノイグバウアを中心に、南北を通る31号線、東地区に向かう32号線、南島地区に向かう33号線の三つの高速線を走る車両の紹介です。

KVU8000

VGNの前の会社、KVU時代から走り続けている、東武8000系をベースに製造されている車両。EU制限の影響で現在では数を減らしており、本線を走行している全編成が2両編成に短縮されている。2編成連結した4両編成や、他型式との併合で運行されている。

BR S401

NITS車輛製造の最新型車両であり、VGNが保有する形式で最も車両数が多い。3両編成と4両編成が存在しており、最大2編成8両が連結可能。編成内は連接構造となっており、全車通り抜けが可能となっている。先頭部分はEUNormを満たす流線形となっている。他形式と増結可能。

BR S411

秋豆車輌製造の新型車両。日本の通勤型をベースとしている。他型式と増結可能であり、S411との併結が多くみられる。

運行されている車両・その他

上記の車両のほかにも、試験用車両や機関車なども走っている。

BR212 Dispolok

212 318 がNITSより貸し出されており、主に入れ替え作業や工事用貨物の牽引などを行う。

KVU 3100

SANES製の次世代通勤型試験車両であり、KVU3000系からの改造で生まれた形式。中間であった3002号車は廃車となり、3001と3003のみが改造された。試験はほぼすべて終わっており、現在では椎名車庫に留置されている。

BR S405

本線用に導入された検測車であり、サードレール対応台車とパンタグラフのほかに、ディーゼルモーターも積んでいることによって、未整備区間にも入線できる。EUNormに対応していないものの、事業用例外許可を得たうえで運行中。