New years comment

Thank you for visiting our homepage.
As the leader of the NITS group, I wish you a happy new year.

For 2020, we have planned new things:

- Re-Structuring NITS group
The Japanese part of the NITS group will be called "NITSJapan", the european part of our group will be called "ProjectEU".

- About our release
In the past, we used the hashtag #NITS車輛 for our releases, but this hashtag included Japanese Kanjis which made problems for some users who can't speak Japanese. From the next release, we will use a new hashtag #NITSrelease.
From 2018, we released new train models and other structures once a week. For making better models, we will change our release time. From now on, we will release our packs irregularly.
We're also planning to release packs for an other game. More information about this will come soon.

- About our YouTube channel
Some videos has been deleted for some quality aspects. I've bought a Licence for a profi-video editor to make better scenes.

- About a guide line for RTM
I am making some FAQ and guideline page for RTM in English and German.

新年のご挨拶

毎度ご利用くださいましてありがとうございます。

NITSグループを代表しまして、皆様方に善き新年の始まりをお祈りいたします。

私たちNITSグループの活動は、昨年にヨーロッパ方面の車両に本腰を入れ始めたり、サーバーの構築準備をしたりなどで滞ることなく続いておりますが、新年には新たな試みを予定しております。未来を確実に予言することは不可能ですが、ある一定の方向性は決められるということで、下記に現在想定しているものをリストアップさせていただきました。お読みいただけると幸いです。

2020年も、NITSグループをどうぞよろしくお願いいたします。

・NITSグループの構成組み換え
現在、NITSグループは合計15人のメンバーで構成されていますが、この度グループの名称を「NITSJapan」と「ProjectEU」に分けることとしました。メンバーの移動などは無く、今まで通りの活動を行います。

・NITSリリースについて
今までリリース時に使用していた「#NITS車輛」が、ヨーロッパのユーザー様にとって探しにくいことが判明したので、「#NITSrelease」に変更させていただきます。既存のツイートはそのままとなります。
また、2018年から約2年ほど続けてきた(ほぼ)週1リリースを、不定期リリースに変更いたします。これによって、グループメンバーや私自身への時間のプレッシャーを解消し、納得行くまで修正するようにいたします。

・活動について
今までRTMに限定して製作してきた車両パックを、別のゲームに持ち出す計画を立てております。詳細は計画が進んだ段階で発表させていただきます。

・YouTubeチャンネルについて
2019年12月以前の生放送など、録画ソフトの違いや私自身の製作のクオリティの低さの影響で一部の動画を非公開とさせていただきました。今後の動画のために、プロライセンスを購入したうえで編集ソフトを導入しましたので、今後は比較的高めなクオリティで動画をアップロードする予定です。

・ヘルプページについて
RTMに新たに参入した方々を手伝うためのガイドラインを作成中です。当方にて、英語とドイツ語バージョンが作成される予定です。2020年度上半期の公開を予定しております。

・鉄道会社さんとの提携について
2018年3月にベルリン市営地下鉄さんに全面協力を頂いて製作した車両以来、長い間実在会社さんとのかかわりがございませんでしたが、現在1社様と計画が進んでおります。